fbpx

スマートシティ
DXソリューション

認証をベースに自治体のサービスを
あらゆる人にとって利用しやすいものに

公共施設に無人でチェックイン
顔認証でバス運賃のお支払い
病院で顔認証による受付
災害時に身分証不要で本人確認

こんなお悩みはありませんか?

マイナンバーカードを活用して煩雑な行政手続きを簡素化したい

スマホや顔認証を活用した本人確認の仕組みを整備したい

自治体のサービスをあらゆる人が利用しやすいスマートシティ化を実現したい

スマートシティDXソリューションについて

Liquidは、認証という切り口からスマートシティの実現をサポートします。

具体的には、マイナンバーカードと、スマホや顔認証を活用し交通機関、病院、観光施設、ホテルなど
地方都市のあらゆるサービスが、 誰にとっても利用しやすい仕組みを提供します。

スマホや顔認証を活用した仕組み

顔パスで乗車賃の支払いが可能に

利用者は、事前に名前やクレジットカード番号、顔の情報を登録します。バスの乗車や降車時に、顔認証で乗車賃の支払いが可能です。また学割や高齢者割引などにも対応します。

無人チェックインが可能に

図書館など公共施設への入場にスマホや顔認証を活用することで、無人チェックインを実現します。利用者を待たせることなく、チェックインのための人的コストを削減し、業務を効率化できます。

災害時に身分証がなくても本人確認が可能に

避難所の受付に顔認証を活用することで、避難者をスムーズにサポートすることができます。また登録データを活用して罹災証明書の発行や避難状況の把握を円滑にします。

ご利用のながれ

※顔認証を利用する場合

スマートフォンでの情報登録

1

マイナンバーカードによる公的個人認証での本人確認

2

マイナンバーカードから取得された利用者情報を登録

3

顔写真を登録

4

ご利用する施設を選択

施設利用時

施設利用時に顔認証もしくはスマホ認証

まずはお気軽にご相談ください

住民の皆さんへのより良いサービス提供に向けて、
国の交付金も活用した大きな取り組みを一緒に検討していきませんか。

デジタル田園都市国家構想の交付金について

デジタルを活用した地域の課題解決や魅力向上、地方創生に資する取り組みなどを支援するために国が創設した交付金です。

 

参考:地方創生サイト

https://www.chisou.go.jp/sousei/about/kouhukin/index.html

関連ニュース