本人確認をお手頃で簡単に!

※ITR「ITR Market View:アイデンティティ・アクセス管理/個人認証型セキュリティ市場2022」eKYC市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度~2021年度予測)

LIQUID eKYCとは

AI審査で本人確認業務を自動化するサービスです。
エンドユーザーの離脱を防ぎながら、
低価格で、安全かつスピーディーな本人確認を実現します。

低価格

お手頃価格で本人確認のコストが抑えられます。

かんたん

専門知識不要、申し込みフォームにタグ挿入することで最短1週間でご利用いただけます。

安心

解約率はゼロ%
eKYC国内シェア*No.1の豊富な実績があります。

※事業者様の事業撤退・合併による解約は除く
※ITR「ITR Market View:アイデンティティ・アクセス管理/個人認証型セキュリティ市場2022」eKYC市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度~2021年度予測)

ベーシックプラン

料金

初期費用

50,000

月額費用

基本料 30,000

利用料 50円/件〜

※表示価格はすべて税抜き価格です。

自動見積もり

※月額合計が 30万円以上の場合はカスタムプランの方がお安くなる可能性がございます

全部自動でできます

AI審査で、本人確認業務の手間や時間から解放します。

最短1週間ではじめられます

お申し込みフォームにJavaScriptのタグを挿入することで導入できます。
フォーム設置イメージ
				
					<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 <head>
    <script async src="https://xxxxx/liquidekyc.js"></script>
    <title>申込フォーム</title>
  </head>
  <body>
    <h1>新規申込</h1>
    <form id="applicant-form">
      <div>
        <label for="last_name">姓</label>
        <input type="text" id="last_name" name="last_name" />
      </div>
      <div>
        <label for="first_name">名</label>
        <input type="text" id="first_name" name="first_name" />
      </div>
      ・・・
    </form>
    <script>
     ・・・ 
      function handleSubmit(e) {
       ・・・
        const data = new FormData(applicantForm);
        const params = JSON.stringify(Object.fromEntries(data));
        LIQUIDEKYC.startKYC(params)
       ・・・
      }
    </script>
  </body>
</html>
				
			

料金プラン

プランの選択で迷われている場合や、導入をご検討中で詳しい内容の説明を希望される事業者様は「導入に関するお問い合わせ」からお問い合わせください。

ベーシック

プラン

法的義務のない本人確認や、学割、シニア割、成人判定などの年齢確認を行いたい事業者様など

お申し込み後、すぐに始められるサンプルコード等の詳細資料や導入手順書をダウンロードいただけます。料金は発生しません。

カスタム

プラン

法令対応の事業者様や大規模マッチングサービスを運営する事業者様など

お客様のご要望に準じて最適な料金プランをご提案します。まずはお問い合わせください。お申し込み後は、営業担当よりご連絡いたします。

料金(税抜)初期費用5万円50万円~
月額基本料3万円5万円~
利用料金(/件)書類撮影のみ:50円/件
書類+容貌撮影:150円/件
円から数
※件数によってボリュームディスカウントあり
月間最低件数
導入期間約1週間カスタマイズ内容による
導入方法JavaScriptライブラリ組み込みJavaScriptライブラリ組み込み、APIによる組み込み
API連携

導入

サポート

SLA(サービス品質保証)
運用レポート提供
監査ログ提供
セキュリティチェック回答

eKYC Applicant

提供形式Web版Web版、SDK版
申請方式書類撮影
書類+容貌撮影
書類撮影
書類+容貌撮影
ICチップ読み取り
ICチップ読み取り+容貌撮影
公的個人認証
汎用書類撮影
個人番号取得撮影
対応本人確認書類運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カード、パスポート運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、個人番号通知カード、健康保険証、在留カード、住民票、パスポート
OCR機能
書類自動
撮影機能
PC対応

eKYC Manager

審査機能
AI審査
申請データ 参照機能
CSV出力
他審査ツールとの連携
本人確認結果の取得 CSVダウンロード CSVダウンロード、APIによる取得
eKYC Manager利用のためのネットワーク接続方法 IPアドレス制限のみ IPアドレス制限、PrivateLink接続、DirectConnect接続

LIQUID eKYCは
業界を超えてみなさまに選ばれています

eKYC市場シェア*

No.1

本人確認件数

1,000万件超

契約事業者数

129

※ITR「ITR Market View:アイデンティティ・アクセス管理/個人認証型セキュリティ市場2022」eKYC市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度~2021年度予測)

導入実績

 LIQUID eKYCを導入いただいている企業様を一部ご紹介します。

住信SBIネット銀行株式会社 様
トレイダーズ証券株式会社 様
株式会社山口銀行 様
株式会社もみじ銀行 様
株式会社北九州銀行 様
LINE証券株式会社 様
IG証券株式会社 様
株式会社Belong 様
株式会社クレディセゾン 様
新生フィナンシャル株式会社 様
株式会社bitFlyer 様
フォビジャパン株式会社 様
株式会社ディーカレット 様
株式会社FUNDINNO 様
クリアル株式会社 様
株式会社新生銀行 様
株式会社Paidy 様
株式会社セブン銀行 様
SBI VCトレード株式会社 様
株式会社コラビット 様
株式会社伊予銀行 様
楽天ウォレット株式会社 様
株式会社ビットポイントジャパン 様
GMOあおぞらネット銀行株式会社 様
イークラウド株式会社 様
株式会社ニューズドテック 様
鎌倉投信株式会社 様
トッパン・フォームズ株式会社 様
株式会社富山第一銀行 様
株式会社百五銀行 様
株式会社SBJ銀行 様
株式会社DMM Bitcoin 様
OANDA Japan株式会社 様
ロードスターインベストメンツ株式会社 様
株式会社京葉銀行 様
GMOクリック証券株式会社 様
株式会社エウレカ 様
株式会社Kyash 様
ポケットカード株式会社 様
KDDI株式会社 様
株式会社pring 様
株式会社マネーパートナーズ 様
バリュエンスジャパン株式会社 様
株式会社北國銀行 様
株式会社NTTドコモ 様
TECRA株式会社 様
株式会社東邦銀行 様
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 様
株式会社筑邦銀行 様
三菱UFJ信託銀行株式会社 様
株式会社FXプライム by GMO 様
株式会社助太刀 様
株式会社CAMPFIRE Startups 様
株式会社アプラス 様
株式会社やさしい手 様
ナッジ株式会社 様
株式会社ファミマデジタルワン 様
レオス・キャピタルワークス株式会社 様
FTX Japan株式会社 様
株式会社東和銀行 様
SBIエステートファイナンス
株式会社 様
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL 様
セントラル短資FX株式会社 様
Fintertech株式会社 様
株式会社リクルートMUFG
ビジネス 様
株式会社北日本銀行 様
株式会社ピーステックラボ 様
株式会社ミラティブ 様
株式会社グローベルス 様
JCOM株式会社 様
株式会社ネットマーケティング 様
CHEER証券株式会社 様
コインチェック株式会社 様
株式会社LogicLinks 様
SAMURAI証券株式会社 様
株式会社デジタルアセット
マーケッツ 様
株式会社JMDC 様
株式会社エポスカード 様

LIQUID eKYCが選ばれる理由

本人確認時の離脱率の低さ

直感的で分かりやすいUI、AI技術を活用したきめ細やかなエラーメッセージ等で離脱率3.0%以下を実現。コンバージョン率向上に寄与します。

国内唯一の本人確認業務を無人化するAI審査機能搭載

申請情報と本人確認書類の照合、本人確認書類の有効期限チェックや要配慮個人情報のマスキング処理を自動で行い、本人確認業務を無人化します。

専門チームが画像処理技術を研究開発

コアとなる画像処理技術の研究を行うR&Dチームを設置。顔の偽造判定力向上や、撮影画像の品質判定精度向上などに日々取り組んでいます。エンドユーザーが撮影した画像が、写真などの偽物ではなく本物の人間であるかどうかを判定する真贋技術は特許出願済みです。

素早く・簡単にリリース可能

お申し込みフォームにJava Scriptのタグを設定することで、最短1週間で導入が完了します。

コスト削減

eKYCによる本人確認はオンライン完結のため、郵送・返送等に関わるコストが発生しません。またAI審査による本人確認業務の自動化で業務コストを軽減します。

多くのエンドユーザが使える

iOS/Android シェア9割以上の機種に対応。主要な本人確認書類すべてに対応

不正しにくさ

写真・動画・3Dマスク攻撃等の多くの不正を防止。さらに事業者横断共通DBで本人確認情報を分析する、業界初の不正検知を実現。

審査ツールを標準提供

直感的な操作で本人確認審査が可能なeKYC Managerを標準提供。審査ツールや管理画面を構築不要ですぐに本番運用開始

審査のアウトソーシング

人員の確保や教育といったコストをかけることなく、最大24時間365日の運用も可能

本人確認しやすい

撮影時に画像の品質をチェックしているため、不鮮明な画像が登録される確率は1%以下。素早く本人確認できるよう、十分な性能を有したテクノロジー(最高水準の顔認証精度やOCR精度)を活用し、効率的に審査可能

常に最適化

クラウドASPサービスであり、かつ、唯一の共通プラットフォームの強みを生かした集中投資により恒常的な機能追加と改善を実施。常に時代の潮流に乗った最適なサービスを利用可能

法令対応

金融(犯罪収益移転防止法)、中古品買取(古物営業法)、携帯電話契約(携帯電話不正利用防止法)等、各種法令の本人確認要件に対応し、常に監督省庁へ確認を取っています。

独自の高い技術力

特許出願済の真贋技術(特許出願:2020-173696)、独自のAI技術(画像処理技術)、最高水準の顔認証精度、最高水準のOCR精度等

お問い合わせ・お申し込み

機能詳細をみる

導入企業様の声

個人間のトラブル防止に役立ちました
ニーズ拡大とともに、不正やトラブルのリスクも増加し、安全性向上が急務だった
導入のポイント
なりすましを防止し、より安全安心にご利用いただけるようになりました

なりすまし行為や写真の悪用による犯罪被害が拡大しており安全性の向上が求められる

導入のポイント
ユーザーはストレスフリーですぐに通信利用を開始できました
対面あるいは郵送により、SIMカードを受け渡す手間とリードタイムがあった
導入のポイント
郵送コストを削減でき、離脱率も減少しました
郵送物での申請による手間があり、サービス利用までにユーザーが離脱してしまう
導入のポイント
ユーザー利便性とセキュリティが向上しました

従来は郵送物を受け取る手間があり、口座開設やサービス利用開始までに多くの時間を要していた

導入のポイント

試験申込みを全てWebからの受付に集約し、紙の管理をやめたい

試験会場での大人数での感染リスクを避け、試験の完全オンライン化を実現したい
導入のポイント

ネットサービスへのスムーズな移行ができました

「インターネット投票」のサービス利用が増えてきており、早期にネット上での本人確認に対応する必要があった

導入のポイント

本人確認でオンラインライブのなりすまし参加を防止

チケットの実購入者と当日参加者が当人であることを確認し、転売防止を強化したい

導入のポイント

ベーシックプラン導入のながれ

01

まずはお申し込み

Webからお申し込みください。お申し込みフォーム

02

弊社担当より詳細資料を送付

お申し込み完了後に、弊社営業担当よりご連絡をさせていただきます。お客様の課題やご要望を直接伺いながら、 最適なLIQUID eKYCの運用やプランのご提案をさせていただきます。

03

契約書類提出

環境構築のために必要な情報をシートに記入ください。

04

検証環境提供・組み込み開発

主に申し込みフォームへのタグ挿入をお願いします。

05

本番環境提供

検証環境でテストに問題なければ、本番環境を用いて正式リリースに必要な準備をお願いします。

お問い合わせ・お申し込み

機能詳細をみる

認証を空気化し、滑らかな世界をつくる