本人認証サービス利用規約

第1条(定義)

本規約における用語の定義は、以下のとおりとします。

(1)「本人認証サービス」とは、株式会社Liquid(以下「当社」という)が提供する「LIQUID eKYCサービス」をいいます。

(2)「本人認証サービス導入事業者」とは、本人認証サービスを導入した事業者をいいます。

(3)「本人認証サービス利用者」とは、当社又は本人認証サービス導入事業者より利用の承認を得た者及び本人認証サービスの利用申込みを行う者をいいます。

 

第2条(本人認証サービス利用登録等)

本人認証サービス利用登録は、本規約を承認のうえ、所定の方法により本人認証サービス利用を申請し、当社の承認を得た場合になされる登録完了画面の表示をもって完了とします。

 

第3条(本人認証サービスの内容等)

1.本人認証サービスの内容は、以下のとおりとします。

(1)口座開設その他本人認証サービス導入事業者が設定するサービスの申込みをオンラインで受け付けるに際し、当社が本人認証サービス利用者に対して認証手続きを行うサービス。

(2)前号に付随するその他サービス

2.当社は、当社所定の方法で利用者に通知または公表することにより、本人認証サービスの内容を任意に追加、変更または中止することができるものとします。

 

第4条(本人認証サービスの利用方法等)

1.本人認証サービス利用者は、本人認証サービス導入事業者のサイト又は同サイトから誘導されたウェブサイトの指示に基づき、所定の事項を入力し、本人認証サービスの利用手続を行わなければならないものとします。

2.本人認証サービス利用者は、当社が定める前項の認証結果確認において、認証結果を本人認証サービス導入事業者に通知することに予め同意するものとします。

 

第5条(個人情報の取扱い)

本人認証サービスにおいて使用する個人情報については、全て当社が定めるプライバシーポリシーに従うものとします。

 

第6条(本人認証サービス利用者の禁止事項)

本人認証サービス利用者は、利用者として有する権利を、第三者に譲渡もしくは行使させてはなりません。

 

第7条(知的財産権等)

本人認証サービスの内容、情報など本人認証サービスに含まれる著作権、商標その他の知的財産権等は、すべて当社その他の権利者に帰属するものであり、本人認証サービス利用者はこれらの権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為をしてはなりません。

 

第8条(個人情報の取扱い)

1.本人認証サービス利用者は、当社が本人認証サービスの利用に関する情報等の個人情報につき、必要な保護措置を行ったうえ統計資料などに加工して利用することに同意するものとします。

2.当社が当社の事務を第三者に業務委託する場合に、当社は個人情報の保護措置を講じた上で、個人情報を当該業務委託先に預託することがあります。

 

第9条(免責)

1.当社は、本人認証サービスの利用に関し、その内容、情報等の完全性、正確性、有用性その他いかなる保証も行わないものとします。また、本人認証サービスにおいて、当社が採用する暗号技術は、当社が妥当と判断する限りのものであり、その完全性、安全性等に関していかなる保証も行わないものとします。

2.当社の故意または過失による場合を除き、当社は、本人認証サービスの利用に起因して生じた本人認証サービス利用者の損害について、一切責任を負わないものとします。

3.本人認証サービスを利用して購入した商品および提供を受けたサービスの品質、その他通常の商取引において生じた紛議については、本人認証サービス利用者は、本人認証サービス導入事業者との間で解決するものとします。

 

第10条(本人認証サービスの一時停止・中止)

1.当社は、次のいずれかに該当する場合、本人認証サービス利用者への事前通知または承諾なくして、本人認証サービスを一時停止または中止できるものとします。

(1)システム保守その他本人認証サービス運営上の必要がある場合

(2)天災、停電その他本人認証サービスを継続することが困難になった場合

(3)本人認証サービス導入事業者に起因する事由により一時停止または中止せざるを得ない場合その他当社が必要と判断した場合

(4)不正検知その他の理由により本人認証サービスの一時停止または中止が必要であると判断した場合

  • 当社は、本人認証サービスの一時停止または中止に起因して生じたいかなる損害について、一切責任を負わないものとします。

 

第11条(本規約の変更)

1.当社は、本人認証サービス利用者に対し当社所定の方法で通知することにより、本規約を随時変更することができるものとします。なお、当社からの通知または送付書類その他のものが当社の責めによらず延着または到着しなかった場合でも、通常到着するべき時に到着したものとみなします。

2.本人認証サービス利用者は、前項の通知を受領後最初の本人認証サービスの利用をもって、当該変更に同意したものとします。

 

第12条(準拠法)

本規約の効力、履行および解釈に関しては、すべて日本法が適用されるものとします。

 

第13条(合意管轄裁判所)

本人認証サービスの利用について、本人認証サービス利用者と当社との間で訴訟が生じた場合は、訴額のいかんにかかわらず、東京簡易裁判所もしくは東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

 

第14条(言語)

本規約の日本語版と英語版の解釈が異なる場合には、日本語版が優先されるものとします。

2019年2月28日制定・施行

2020年3月02日改定・施行

2020年11月1日改定・施行

 

 

 

 

 

 

Terms of Use for Personal Authentication Service

Article 1 (Definition)
The terms used in the Terms of Use shall have the following meaning:
(1) “Service” shall mean the service called “LIQUID eKYC Service” that is provided by Liquid, Inc. (the “Company”).
(2) “Business Operator” shall mean a business operator that introduced the Service.
(3) “User” shall mean a person whose use of the Service is approved by the Company or a Business Operator or a person who applies for the Service.

 

Article 2 (Registration for the Service, etc.)
To register for the Service, the User shall agree the Terms of Use and apply for the Service in the predetermined method. Registration shall complete when the Company approves the application and it is displayed on the User’s screen that registration has completed.

 

Article 3 (Contents of the Service, etc.)
1. The Service shall provide the following services:
(1) A service to carry out the personal authentication procedure of the User when a Business Operator receives online application for opening of an account or other services specified by the Business Operator ; and
(2) Other services ancillary to the preceding item.
2. The Company may add, alter or cancel the contents of the Service by providing notice or announcement to the Users in the predetermined method.

 

Article 4 (Use of the Service, etc.)
1. The User shall enter predetermined matters following the instructions displayed on the website of the Business Operator or the website led thereby and carry out the procedures for the use of the Service.
2. The User shall agree in advance that, upon the Company’s confirmation of the result of the authentication set forth in the preceding paragraph, the result of the personal authentication will be notified to the Business Operator .

 

Article 5 (Handling of Personal Information)
Handling of the personal information used in the Service shall be subject to the Privacy Policy of the Company.

 

Article 6 (Prohibited Acts of the Users)
The User must not transfer to any third party or cause any third party to exercise the right as a User.

 

Article 7 (Intellectual Property Rights etc.)
All copyrights, trademarks and other intellectual property rights included in the Service such as contents and information on the Service shall belong to the Company and any other right holders. The User must not infringe these rights or conduct any act that might infringe them.

 

Article 8 (Handling of Personal Information)
1. The User shall agree that the Company may, after taking necessary protection measures and processing to statistical materials etc., use the personal information such as the information about usage of the Service
2. When the Company outsources its work to a third party, the Company may, after taking protection measures, deposit the personal information to such outsourcee.

 

Article 9 (Exclusion)
1. The Company does not guarantee integrity, accuracy or usefulness, etc. about the contents and information, etc. with respect to the use of the Service. In addition, the cryptographic technology that the Company adopts for the Service is only what the Company judges to be appropriate and the Company does not guarantee its integrity or safety etc.
2. Except in case of willful misconduct or negligence, the Company shall not be liable for any damage incurred by the User arising from the use of the Service.
3. Any disputes about the quality of goods bought and services provided through using the Service or any other disputes arising from usual commercial transactions shall be solved between the User and the Business Operator.

 

Article 10 (Suspension and Cancellation of the Service)
1. The Company may suspend or cancel the Service without prior-notice to the User or consent of the User where:
(1) suspension or cancel is necessary for system maintenance or other operational reasons;
(2) it becomes difficult to continue to provide the Service due to natural disaster, blackout or other reasons;
(3) suspension or cancel is required for reasons attributable to the Business Operator or the Company deems suspension or cancel is necessary; or
(4) the Company deems necessary to suspend or cancel the Service due to detection of

fraud or any other reasons .
2. The Company shall not be liable for any damage caused by suspension or cancellation of the Service.

 

Article 11 (Alteration of this Terms)
1. The Company may from time to time alter the Terms of Use by providing notice to the Users in the predetermined method. Even if any notice, document or other deliverable from the Company arrived late or failed to arrive for the reasons not attributable to the Company, such notice, document or other deliverable shall be deemed to have arrived when it should normally have arrived.
2. The User shall be deemed to have agreed to the alteration when the User used the Service for the first time after receiving the notice set forth in the preceding paragraph.

 

Article 12 (Governing Law)
Japanese laws shall apply to all the effect, performance and interpretation of this Terms.

 

Article 13 (Jurisdiction)
Any lawsuit arising between the User and the Company in relation to the use of the Service shall be, regardless of the amount sued for, subject to the jurisdiction of the Tokyo Summary Court or the Tokyo District Court.Effective.

 

Article 14 (Language)

Should there be any differences in the interpretation of the Japanese- and English-language versions of these Terms and Conditions, the Japanese version shall have priority.

February 28, 2019
Updated March 2, 2020

Updated November 1, 2020