ハウステンボスのキャッシュレス化に向け、分散型台帳ベースの独自通貨の共同開発で合意

株式会社Liquid(本社:東京都千代田区、代表取締役:久田康弘、以下「Liquid」)は、2018年内を目標にハウステンボス株式会社(本店:長崎県佐世保市ハウステンボス町、代表取締役社長:澤田秀雄、以下「ハウステンボス」)と独自デジタル通貨「テンボスコイン」を共同開発し、ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化を推進してまいります。

Liquidが開発を担当する「テンボスコインシステム」では、これまでに自社で提供してきた決済サービス、PASSによるユーザーウォレットサービスの構築・運用ノウハウや、ブロックチェーンベースのトークン発行の仕組み、LIQUIDレジなどリアル店舗に向けたキャッシュレス決済基盤のノウハウを総動員し、

・分散型取引台帳を活用した勘定管理の仕組み
・ハウステンボスの利用者様と店舗の状況を見ながら「テンボスコイン」の流通量を制御する仕組み
・スマホウォレットアプリ、もしくはNFCカードによる利用者様向けの決済手段
・店舗での「テンボスコイン」決済、ATMでの「テンボスコイン」チャージの仕組み

を包括的に提供します。
この仕組みにより、安全・便利・低コスト、という3つのメリットのあるキャッシュレス決済基盤を実現してまいります。

関連記事 >> 日本経済新聞 電子版 2018年6月4日
生体認証のリキッド、ハウステンボスと独自通貨

「テンボスコイン」システム全体像

<本プレスリリースに関する報道関係者様のお問い合わせ先>

株式会社Liquid

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階
Tel:03-4530-3002    E-mail:[email protected]

※本プレスリリースに掲載されている内容、製品価格、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

Liquid Inc.