店舗が独自で分散型台帳によるトークンを発行可能にする「LIQUID Reader」の販売を開始

全ての店舗が独自で分散型台帳によるトークンを発行可能に
独自のNFC認証+生体認証技術で万が一の不正アクセスでもなくならない

株式会社Liquid(本社:東京都千代田区 代表取締役 久田康弘)は、今まで専門知識を有する一部の企業しか提供できなかった独自の分散型台帳によるトークンの発行を可能にする「LIQUID Reader」の販売を開始しました。

https://liquidinc.asia/reader/

NFC、クレジットカード認証端末である「LIQUID Reader」は、通常のクレジットカード決済(現在は、VISA、Mastercard対応)に加えて、当社が提供する決済サービスである「PASS」を通じて、店舗が独自に分散型台帳によるトークンの発行を行うことが可能になります(注※)。
「PASS」は、これまで現金チャージ決済・独自のポイント決済・クレジットカード決済、銀行口座から直接決済額を引き落とす後払い決済の仕組みを採用していますが、それに加えて、今回店舗が独自にパプリックチェーン型の分散型台帳によるトークンの発行及び決済をする仕組みを導入致しました。この仕組みは、店舗が独自の分散型台帳によるトークンを発行し、ユーザーに付与することで、お客様に決済手段として利用してもらうことなどを実現します。
また、LIQUID独自の認証技術により、分散型台帳によるトークン自体への不正アクセスがあった場合も、不正アクセス以前の通貨の所有者を特定することで不正アクセスへの対応を行うことが可能になります。また、不正アクセス者のトークン利用時に認証を求めることで、不正利用の可能性を少なくすることが可能です。

(注※)加盟店によるトークンの発行には、トークンの性質に応じて別途資金決済法、金融商品取引法その他の法令に準拠する必要がある場合があります。

<本プレスリリースに関する報道関係者様のお問い合わせ先>

株式会社Liquid

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階
Tel:03-4530-3002    E-mail:[email protected]

※本プレスリリースに掲載されている内容、製品価格、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

Liquid Inc.