株式会社ビッグツリーとスポーツジムでのLIQUIDPay実証実験開始

By 2016年10月3日ニュース

株式会社ビッグツリーとスポーツジムでの

LIQUID Pay実証実験開始

株式会社Liquid(東京都千代田区。代表取締役:久田康弘。以下「当社」)は、株式会社ビッグツリー(栃木県宇都宮市。役代表取締役社長:里村佳行。以下「ビッグツリー」)と共同でスポーツジムでのLiquidPay実証実験を開始したことをお知らせいたします。

本件の背景

当社は、生体情報にフォーカスした画像解析技術と機械学習を利用したビックデータ解析技術により高速処理を可能にした認証アルゴリズムを独自に開発し、世界で初めて生体認証のみでの本人認証・決済サービスの商用化に成功するなど、次世代の社会インフラを支える技術を生み出してきました。

今回の共同実験では、まず第一弾として、当社の生体認証技術を利用した決済システムLiquidPayをビッグツリースポーツクラブ桜店に導入し、利用を開始いたします。また、ユーザーのフィードバックを広く集め、決済システムだけではなく、ユーザーの体験を向上させることができるサービス展開を目指した技術開発を進めて参ります。

当社の生体認証技術を用いることで、スポーツジム内でクレジットカードやICカード、現金を必要な時にロッカーから持ち出す必要がなく、「手ぶら」で有料プログラムの受講などが可能となります。
まずは、10月1日よりビッグツリースポーツクラブ桜店でスタートする、世界展開しているニュージーランド発のレスミルズプログラム「GRIT(グリット)」(有料プログラム)で運用を開始する。

実証実験の概要

1.期間:2016年10月上旬~
2. 場所:栃木県宇都宮市桜5-2-5 ビッグツリースポーツクラブ桜店
3. 目的:生体認証を用いた決済システムLiquidPayの実用性及び今後のサービス展開方針の検証

本記事のお問い合わせ先

Liquid Inc.